三重県のイタチ駆除は創業40年・最長3年保証・JA(農協)の指定業者の当社へお任せください

昭和54年創業のイタチ駆除業者です
三重県の地域の皆様に支えられています。

株式会社ラットは30年にわたりJA(農協)の指定業者に認定いただいております。

イタチ追い出し・捕獲後、侵入口を封鎖し、最長5年間の再発保証をおつけしています。

三重でのイタチ駆除は創業40年の実績

当社、株式会社ラットは三重県名張市を拠点に昭和54年創業、イタチ駆除歴40年以上の実績があります。
イタチ被害に限らず、アライグマやテン、ハクビシンなど害獣の追い出し駆除を行っています。

三重県の地域密着のイタチ駆除業者として、どのような現場でも、スピーディーに完全駆除をしております。

当社はJA(農協)の指定業者です

株式会社ラットは30年に渡り、JA(農協)の指定業者に認定いただいております。
三重県の地域のみなさまへ、イタチ駆除を通して住まいの安全をお届けしております。

イタチの駆除技術や、スピーディーな駆除だけでなく、お客様へのご対応、最長5年のアフターフォローなど、当社を高く評価いただいているものと考えております。

これからもJA(農協)の指定業者として、三重のイタチ駆除業者として貢献してまいります。

三重県のイタチ駆除は最長5年保証付き

三重県のイタチ駆除は、最長5年のイタチ保証契約を行っております。
イタチ駆除完了後は、5年の間にイタチが再侵入した場合は、何度でも無償でご対応いたします。

イタチだけに限らず、ネズミを除く害獣(アライグマ、ハクビシン、テン)の再発保証となっております。

イタチや害獣は、帰巣本能が強く、追い出してもまたいた場所に戻ろうとします。
侵入口を閉じても、新たに穴を作って入り込んできます。

そのため、イタチ駆除には保証は必須と当社は考えています。

保証契約の期間がなければ、再発した場合にまた費用がかかってしまいます。
イタチや害獣は想像以上に再発が多いため、保証があると安心です。

保証期間は建物の状態などを考慮して期間が決まります。
現地調査のお見積りの段階で、事前にご提示いたします。

イタチ再発保証は封鎖箇所以外も対象です

当社のイタチ再発保証は、
封鎖工事した箇所以外からの再侵入も保証」としています。

建物のどこから再侵入してきても保証対象です。

しかし、多くのイタチ駆除業者は、
封鎖した箇所からの再侵入のみ保証対象」としています。

封鎖された箇所から再侵入があった場合は、駆除業者が工事した箇所ですので、保証するのは当たり前の話だと思います。

前述の通りイタチや害獣は侵入口を封鎖されても、別の場所に穴を開けて入ってきますので、封鎖した箇所以外から再侵入が保証対象外ですと、新たに費用がかかってしまいます。

当社は、どこからイタチや害獣が入ろうが、駆除した建物全体を保証対象としています。

保証の有無だけでなく、内容にも十分ご注意ください。

三重県のイタチ駆除の対応可能エリア

三重県のイタチ駆除のご対応エリアは、下記エリアとさせていただいております。

名張市 伊賀市 津市 松坂市 亀山市 鈴鹿市 明和町 多気町 大台町

最長5年の保証のスピーディーな対応のため、エリアを限定させていただいております。
他地域でご対応できる場合もございますので、よろしければご相談ください。

三重県のイタチ被害は築20年以上の一戸建てで多く発生中

三重県でのイタチ被害は、築年数が20年を超えた一戸建てに多く発生しています。

築年数が20年を超えますと、床下換気口や屋根、壁、エアコンホースやガス・水道配管引き込み口などに劣化が生じ、イタチが壊して侵入してくることが多くなります。

築20年以上・天井裏に断熱材のあるお家はイタチに狙われます

築20年以上でなおかつ、天井裏に断熱材を敷いているお家はイタチに住み着かれるリスクが高くなります。

イタチは寒さを凌ぎ、春先には出産・子育てのために民家の天井裏に忍び込みます。
天井裏に断熱材があると、真冬でも暖かく過ごせるため、断熱材のある家を選んで住み着きます。

今まで断熱材がないお家で、リフォームの際に天井裏に断熱材を敷いてまもなく、イタチに住み着かれたというケースも多くあります。

断熱材は、イタチがかじってボロボロにし、出産や子育ての巣作りに使ったりします。

糞尿で断熱材や天井板にシミを作り、悪臭を放つようになり、さらにダニやゴキブリ発生の温床にもなります。

イタチかな?と思ったら早めに対処することが重要です。

三重県のイタチ駆除の現地調査・お見積りは無料です

三重県の対応エリアについては、イタチ駆除の現地調査・お見積りは一切無料です。
お伺いする際の交通費や駐車場代もいただきません。

調査からお見積りまでは一切費用がかかりませんのでご安心ください。

調査が終わりましたら、イタチ駆除費用のお見積金額をご提示いたします。
すぐにご決断いただく必要はなく、数日かけてゆっくりご検討いただいて構いません。

しつこい営業はしていません

ご決断いただくよう迫ったり、しつこく営業電話をするなどの行為をする業者も多いですが、当社ではご納得いただいた上で、ご依頼いただきたいと考えているため、お見積金額ご提示後は基本的に当社からご連絡することはありません。

駆除を依頼しようと思った際に、お客様よりご連絡いただくようお願いしております。

追加費用はかかりません

ご提示したお見積金額が全てです。
お客様から別途ご相談がない限り、お見積金額から追加費用がかかることはありませんのでご安心ください。

お見積金額には、駆除費用と保証契約期間を含めてご提示しております。
実際にイタチ駆除を行った際に、時間がかかったり、想定外のことがありましても、当社の調査段階での見落としですので、別途費用をいただくこともありません。

イタチ現地調査時間と内容について

イタチの調査は1時間ほどです。

イタチが住み着いている天井裏の確認と、侵入経路のチェックを行います。

天井裏では、イタチの生息数、出産・子育て中かどうか、糞尿の被害状況、断熱材の荒らされている様子などを確認していきます。

侵入経路の確認は、主に床下換気口や配管まわり、屋根と壁の隙間や壊されている箇所がないかチェックしていきます。

イタチの生息状況と侵入経路、建物の状態を確認し、イタチ駆除費用の見積金額を算出していきます。

現地調査・お見積金額ご提示後、すぐに駆除のご依頼をお願いされることもしばしばあります。
基本的には、後日改めてスケジュール確認を行い、作業となります。

当日に応急処置としての対処が行える場合もありますので、不安で夜も眠れないなど、お急ぎの場合はご相談ください。

イタチ駆除方法

イタチやハクビシン、アライグマ 、テンなどの動物は、鳥獣保護法に守られた動物なため、殺処分することは業者でも行うことはできません。

そのため、イタチ駆除は、厳密に言うとイタチ防除ということになります。

当社のイタチ駆除は4つの作業になります。

  • イタチの捕獲、追い出し作業
  • イタチ侵入口の封鎖工事
  • イタチのフンの清掃・消毒
  • ダニやゴキブリの殺虫作業

イタチの捕獲、追い出し作業

イタチを殺すことなく、追い出しや捕獲作業を行います。

ほとんどの場合、天井裏に生息していますので、捕獲カゴを設置してイタチを捕まえます。

捕獲カゴを置いただけではイタチは捕まりません。
カゴの中に食べ物を置いたりしても捕まらない場合もあります。
当社独自の手法で、捕獲カゴに仕掛けをすることで、イタチ捕獲率100%を誇ります。

捕獲カゴの他に、煙による追い出し作業も行います。
専用の機材で煙を発生させ、天井裏に潜んでいるイタチを外へ追い出していきます。

煙には薬剤が含まれていないため、イタチにも人にも害がないため、安心して使用することができます。

イタチ侵入経路の封鎖

イタチがいなくなった後は、イタチが出入りしていた侵入口の封鎖工事を行います。

侵入口の多くは、床下換気口や配管周りの隙間ですが、屋根や軒下を壊して入ってくることもあります。

侵入口の封鎖工事は、金網やブラシ、コーキング剤、パテなどを使用して、隙間の大きさに合わせて封鎖していきます。

今出入りしている隙間だけでなく、今後侵入口となりそうな箇所も全て封鎖していきます。
最長5年の保証契約としているため、基本的に2度と侵入できないよう全て封鎖します。

イタチのフンの清掃・消毒

イタチが生息していた天井裏には、フンが山になってが溜まっていることが多くあります。

イタチは同じ場所にフンをする習性があります。溜まったフンの重さで天井板が抜け落ちてしまうこともあるほどです。

また、イタチなどの野生動物のフンには、様々な細菌やウイルスが付着しており、以前に流行したSARSウイルスなどもこうした動物がきっかけだったという報告もあります。

国立感染症研究所
http://idsc.nih.go.jp/disease/sars/update64.html

そのため、イタチを追い出した後に糞の清掃、消毒作業を行っています。

ダニやゴキブリ発生の殺虫作業

イタチの体にはダニが寄生しており、生息していた箇所や家の中にダニが発生します。
特にイエダニは、噛まれると赤い発疹と激しい痒みに襲われます。

ゴキブリなどの害虫も発生することがあるため、害虫駆除の薬剤を散布して殺虫作業を行います。

イタチによる侵入では、こうした二次被害の発生もあるため、十分な対応ができる経験豊富な業者に依頼することが大切です。

三重県のイタチ駆除の事例

三重県でのイタチ駆除の事例をご紹介いたします。

三重県のイタチ駆除の事例1

三重県の築42年の一戸建ての方よりイタチ駆除のご相談です。

「1週間ほど前から天井にイタチが住み着いているようです。
足音が大きいためネズミより大きい動物だと思います。
鳴き声は聞こえず、また姿も見ておりません。
天井を突いてみたりしているのですが出ていく気配はありません。
天井裏を覗いてみようと思ったのですが、イタチは襲ってくることがあるというのをみて、怖くてみれていません。
このまま住みつかれたら困るのでご相談いたしました。」

イタチが入り込んでから、ご自身で駆除を試したくなるのですが、簡単には出ていきません。

今回の方は、イタチが入って早めにご連絡いただいたことで、捕獲から侵入封鎖まで短期間で完了することができました。

天井裏に断熱材が敷いてありましたが、まだ荒らされている箇所もありませんでした。

イタチは縄張り意識が強いため、天井裏を覗いただけでも威嚇してきますので十分気をつけてください。場合によっては襲ってきます。

早めのご相談で、駆除の時間も費用もかからず済みます。お気軽にご連絡ください。

三重県のイタチ駆除の事例2

三重県の築34年の一戸建てよりイタチ駆除のご相談です。

「半年ほど前から時々、天井裏で物音が聞こえるようになる。
徐々に、その頻度が上がり音の大きさからイタチだと思われる。
先日、庭でイタチが歩いているところを発見。家にいたイタチかどうかはわからず。
一昨日にこどもを出産した可能性あり。
キーキーという鳴き声が聞こえる。
天井裏へのアクセスは天井に配線点検口あり。」

時系列で状況をご連絡いただき、わかりやすかったです。
徐々にイタチの行動が大胆になり、とうとう天井裏で出産までしまった、イタチ被害の典型的な事例です。

イタチは放っておいても自然に解決はしません。天井裏を自分の住処とし、出産のために断熱材をちぎって巣にします。

写真のように、天井裏の断熱材がボロボロで、糞尿によって異臭もしていました。
このままの状態が続くと、カビが生えたり、ゴキブリ発生の温床にもなります。

侵入口は屋根の軒天でした。イタチに壊されたのでしょう、穴を開けられていたため、修復し侵入封鎖の工事を行いました。

先ほどの事例1の場合と違って、半年以上イタチが生息することで、天井裏は荒らされ、断熱材を交換するところまで被害が大きくなってしまいます。
様子を見るなら2週間程度として、出ていく気配がなければ専門家に見てもらうことが、早期解決につながります。


三重県のイタチ駆除の事例2

三重県の築44年の一戸建てからのイタチ駆除のご相談です。

「一月ほど前に天井裏に何か動物がいることに気づき、家を見てもらっている工務店に調べてもらったところ、その時は何もいなかったが、天井裏に糞がたまっており、近所で目撃されていることからイタチだろうということだった。工務店の方にて、燻煙材を燃やした後、出入り口と思われる2箇所の穴をふさいでもらった。
それから一日くらいは静かだったが、また以前と同様に時々動いている。
猫を2匹飼っているので、ノミ、ダニの被害や感染症も心配。
できれば早めに見積もりに来てほしい。」

イタチが天井裏に入り込んで、工務店や大工さんに来てもらっているが、なかなか被害が止まらないというご相談も多いです。
やはりイタチの習性を理解した、専門の駆除業者には敵わないと思います。

イタチ駆除を何十年もやっているわけですし、毎日イタチ駆除をしていますので、侵入口がどこなのか、結構早い段階で見つけます。

また、工務店さんなどは屋根に登ってまで侵入口を確認することは少なく、天井の点検口から覗くだけということがほとんどです。

屋根と壁の間にイタチが侵入できる箇所を見つけ、作業をしているところです。
やはり屋根に登っての作業は非常に危険なため、2人以上の職人で作業をします。

こちらのお客様もイタチの気配がしてから早め早めの対応をされたこともあり、被害が少なく、ダニやノミの心配もありませんでしたが、消臭・殺菌作業も行い完了いたしました。

駆除を依頼するかしないかは別として、まずは早めにご相談されることをお勧めいたします。